倖田來未 – ディスコグラフィ

倖田來未
_
出生名 神田 來未子
出生 1982年11月13日
血液型 A型
学歴 京都精華女子高等学校卒
出身地 日本の旗 日本・京都府
ジャンル J-POP、R&B
職業 歌手
担当楽器  ボーカル
活動期間 2000年 –
レーベル rhythm zone
事務所 (アクシヴ)
(エイベックス・エンタテインメント)
エイベックス・マネジメント
影響 DREAMS COME TRUE
公式サイト rhythmzone.net/koda

_____________________________

倖田 來未(こうだ くみ、本名:神田 來未子(こうだ くみ)、1982年11月13日 – )は、日本の女性歌手。英語表記はKumi Koda。エイベックス・rhythm zone所属。京都市伏見区出身。身長154cm。スリーサイズはB90、W60、H85。

来歴

2000年 – 2002年 デビュー・下積み・ヒットの出ない時代

DREAMS COME TRUEのライブビデオを観て、歌手に憧れ芸能界入りを志す。1999年、京都精華女子高等学校在学中にテレビ東京で放送していたオーディション番組『ASAYAN』内「モーニング娘。追加メンバーオーディション」において2次審査を通過したが、先行して行われていたエイベックス(エイベックスエンタテインメント)主催のオーディション「avex dream 2000」にて準グランプリを受賞。痩せていないという事で落選するはずのところだったが、面談で「キャラクターがあった」ということで受賞したという経緯がある。これにより同社でレッスンやトレーニングを無償受講できる権利、同社との専属契約権を獲得した。

2000年12月6日、エイベックスのrhythm zoneレーベルよりデビュー決定。先にアメリカで「KODA」名義でデビューし、1stシングル「TAKE BACK」は全米で先駆けて発売。全米ビルボードダンスポップセールスチャートで初登場20位、最高18位を記録した。しかし、日本のオリコンチャートでは「TAKE BACK」が初登場59位以降、大きなヒットとはならなかった。当時は音楽番組に出演しない路線をとり、もっぱらクラブなどで歌っていた。彼女はその当時を振り返り、「辛かったけど夜中3時ごろに歌ったりして、声帯が強くなったり度胸が据わったりした。下積み時代に感謝している」と語っている(『倖田式』より)。

2003年 – 2004年 ヒットによる浮き沈み

2003年にスクウェア(現:スクウェア・エニックス)から発売されたプレイステーション2用ゲームソフト『ファイナルファンタジーX-2』のテーマ曲歌手に抜擢され、7thシングル「real Emotion/1000の言葉」がオリコンチャート初登場3位で累計23万枚のヒットとなった。しかし、その勢いはなく、後のシングルセールスには恵まれなかった。

そして2004年、当時の彼氏の励ましもあり8kgのダイエットに成功し、後の「エロかっこいい」とマスコミから呼ばれる彼女の歌手としてスタイルが確立された。露出度の高い服装やPVなどがマスメディアを中心に話題となった。本人も友情出演した映画『キューティーハニー』の主題歌「キューティーハニー」を収録した11thシングル「LOVE & HONEY」が久々のオリコンチャート初登場4位を記録した。

2005年- 2006年 BEST〜first things〜、12週連続リリース、BEST〜second session〜

2005年、4thアルバム『secret』がオリコンチャート初登場3位、累計50万枚のヒットとなった。ライブやPVではバストや美脚を意識した露出度が高い服装を披露し、その独自のスタイルが「エロかっこいい」と形容される。16thシングル「Butterfly」が初登場2位と自己最高記録を更新。その勢いに乗り5年間の集大成となるベストアルバム『BEST〜first things〜』を発売。総合的に人を楽しませるエンターテイナーを目指している(『倖田式』より)。ベストアルバムの発売時に「ベストアルバムがミリオンセラーとなったら、クラブのママをやります」と宣言し、ミリオンセラーを記録。1日限定で銀座に「club 倖田」を開店した。同年12月7日から翌年2月22日まで、世界初の試み「12週連続シングルリリース」を行う。その第1弾シングルである19thシングル「you」は、自身初のオリコンチャート初登場1位を記録した。同年12月31日、第47回日本レコード大賞を受賞した。一方では、受賞曲「Butterfly」は最高2位・年間85位であったため、レコード大賞が掲げる「大衆に影響を与えた楽曲」という条件を満たしていないのではないかという指摘もあった。そして、同日『NHK紅白歌合戦』に初出場した。

2006年も年明け早々オリコンチャートで3楽曲同時トップ10入りという2003年のB’z以来、そして女性アーティストでは初の快挙を成し遂げた。同年3月8日に12週連続発売シングルを全て収録したベストアルバム『BEST〜second session〜』を180万枚売り上げた。 同年3月、第20回『ゴールドディスク大賞』にてアーティストオブザイヤーを受賞。

2006年 – 2007年 〜Black Cherry〜、歌手以外での活動

5月24日には、自身もゲスト出演した関西テレビ・フジテレビ系ドラマ「ブスの瞳に恋してる」の主題歌「恋のつぼみ」を発売。発売前から着うた配信が100万ダウンロードを記録する等、話題をさらった。7月26日には、自身初の4曲入りシングルとして話題を集め、自身のシングル史上最高売上を記録した32ndシングル「4 hot wave」を発売。リリースに併せて1日限りの海の家を開店したイベント倖田浜を開催し、ライブイベントを行った。また、初の写真集『MAROC』を発売した。10月18日には、同じメロディーで歌詞とアレンジが違うというコンセプトシングル「夢のうた/ふたりで…」をリリース。初登場1位を記録した。そして、12月にはモンスターアルバムと銘打たれた、5thアルバム『Black Cherry』を発売。150万枚を初回出荷したこの作品は、オリコンチャート4週連続1位を獲得。これは、2006年発売の女性アーティストのオリジナル盤としては最高記録となった。特典として、自身初の主演ドラマが収録された。後に累積売り上げ枚数で100万枚を突破し、オリジナルアルバムとしては自己最高記録となった。同年12月16日に第39回日本有線大賞、12月30日には日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。

2007年、3月14日に、35枚目のシングル「BUT/愛証」と、バラードベストアルバム「BEST~BOUNCE & LOVERS~」を同時発売。2週間後にLIVE DVDも発売し、3作連続リリースと話題になった。夏には、4曲入り全曲本人出演TVCMタイアップソング収録の36枚目シングル「FREAKY」を発売し、リリースイベントを開催。全世界同時生中継をされる。9月12日には37枚目のシングル「愛のうた」を発売。ノンタイアップながらロングセールスを記録した。12月には東方神起とのコラボシングルをリリース。 『KODA KUMI LIVE TOUR 2007〜Black Cherry〜』の最終公演では彼女の念願であった東京ドーム公演を開催。「愛のうた」では第21回日本ゴールドディスク大賞 邦楽部門アーティスト・オブ・ザ・イヤー受賞、ベストヒット歌謡祭・ポップスグランプリ、日本レコード大賞3年連続金賞受賞を果たした。また、2007年は自身プロデュースにより、ミュージックビデオなどで着用している7柄20色の振り袖「倖田來未Kimono Collection」を発表。政府広報「ストップ!いじめ」にチャリティー・パーソナリティとして参加、パチンコ「KODA KUMI FEVER LIVE IN HALL」を発表し、TVCMにも登場し話題となった。

2008年 失言騒動と活動自粛、そして復帰

2008年1月30日には、6thアルバム1月『Kingdom』を発売。倖田王国をテーマに掲げてジャケット写真も撮影されている。アルバム収録全曲のMUSIC VIDEOを撮影し、販売するという画期的なアルバムとなった。同月29日、ラジオ「倖田來未のオールナイトニッポン特別番組」内での「35歳をまわるとお母さんの羊水が腐ってくるんですよね」と発言したことが問題となる。公式・エイベックス・ニッポン放送サイトで自らの発言に対する謝罪文を掲載した。30日、アルバムのプロモーション活動を全面自粛し自宅謹慎することを発表。CM出演中の企業サイト休止やCM放送の中止という事態に及んだ。2月7日、報道番組内で「結婚したばかりの女性マネージャーに、早く子供を産んでほしいという気持ちからの発言であったが、(医学的)知識のない中、軽はずみな言動で多くの人に誤った知識を伝え、その心を傷付けた」と涙ながらに謝罪した。一方、6thアルバム『Kingdom』は、プロモーション活動の全面自粛にも関わらずオリコンアルバムチャートで、初登場1位を獲得した。4月13日、ツアー『KODA KUMI LIVE TOUR 2008 〜Kingdom〜』静岡エコパアリーナで72日ぶりにファンの前に姿を見せ、5月26日、「BEAT CRUSADERS ヒダカトオルのオールナイトニッポン」内で失言について謝罪。5月30日、自粛後初のTV「ミュージックステーション」出演で本格的に活動再開を果たした。6月11日には復帰シングル『MOON』をリリース。

その後は6月21日、プロ野球セ・パ交流戦巨人×ソフトバンク戦の始球式を務めた他、a-nationに初の全公演出演、8月1日、オールスターゲーム (日本プロ野球)で君が代を独唱、8月7日、神宮外苑花火大会スペシャルライブ出演、8月15日、J-WAVELIVE2000+8出演、9月22日からは初のファンクラブイベント『KODA KUMI FAN CLUB EVENT 2008「Let’s Party Vol.1」』を7会場11公演で行い、11月21日 – 12月25日にはクリスマスイベント『HEP FIVE×倖田來未「Lovers Xmas」』を行うなど、様々なイベントに出演した。また、2008年10月7日24時からは、インターネットラジオBrandnew Jの「Standby OH! MY RADIO」、24時30分から「OH! MY RADIO」の火曜日のナビゲーターに就任した。 10月18日には、「TABOO」を発売。R&Bを前面に押し出したダンスナンバーに仕上がった。このシングルの発売に合わせて1日限りのライブイベント「KODA KUMI Dirtyball room ~One Night Show」を新木場STUDIO COASTで開催。12月24には、「stay with me」をリリースした。

2009年 – 2010年 〜TRICK〜の発売、実妹misonoとコラボ、〜BEST〜third universe〜 & 8th AL “UNIVERSE”〜、デビュー十周年へ

2009年3月31日に、実妹misonoとのコラボレーション曲「It’s all Love! 」を発売する。オリコンランキング発表開始以来、兄弟・姉妹ユニットとして初の初登場首位を獲得。初登場週以外での獲得を含めても、兄弟・姉妹ユニットによる首位は、ビリー・バンバン(メンバー構成:男2)、フィンガー5(男4女1)、ノーランズ(女5)に続く史上4組目で、姉妹としては2組目の記録。1980年11月24日付のノーランズ「ダンシング・シスター」以来、28年5ヶ月振りの記録となった。3月25日には企画盤として、「KODA KUMI DRIVING HIT’S」「OUT WORKS & COLLABORATION BEST」を同時リリース。7月にはパチンコ台の第2弾「KODA KUMI FEVER LIVE IN HALL 2」を発表。9月16日にはシングル「Alive/Physical thing」をリリース。ライブ音源を収録するなど初の試みを行った。10月3日と4日に台湾、台北市の国立台湾大学総合体育館にて、自身初の単独海外公演を開催した。 「紅白歌合戦」では、実妹misonoと競演。競演曲である「It’s all Love!」と、自身の楽曲「Lick me」を披露した。

2010年2月3日には、ベストアルバムとオリジナルアルバムがバンドルされた『BEST〜third universe〜 & 8th AL “UNIVERSE”』を発売。4月からライブツアー『KODA KUMI LIVE TOUR 2010 UNIVERSE』を行い、10月6日発売の同ライブDVDはオリコンチャート第1位を獲得。これは2005-2010年まで6年間の首位獲得連続年数がソロアーティスト歴代単独1位の記録となる。7月3日、4日には、横浜スタジアムにて 自身初の単独屋外ライブ「Koda Kumi Dream music park」を開催。この模様はスカパー!にて3D映像での生中継が行われた。7月7日には豪華4曲+1曲の「Gossip Candy」をリリース。リリースに併せてUstreamで倖田來未本人を5日間密着取材するという企画を行った。8月からは「セブンイレブン」と“美容、健康、ダイエット”をコンセプトに6商品をプロデュースしたダイエット商品を発表した。期間限定商品であったものの、各商品の売上は好調で、販売延長となった。「セブンイレブン」とのコラボレーションを記念した1日限定海の家を8月1日に開催。本人がプロデュース商品を宣伝し、ライブも行った。9月22日には、シングル「好きで、好きで、好きで。/あなただけが」をリリース。3つのバラードを収録し、ひとつのストーリーとなる3曲のMUSIC VIDEOも製作した。10月13日、初のカバーアルバム「ETERNITY〜Love & Songs〜」がリリース。実妹misonoの楽曲や、郷ひろみ松田聖子など幅広い年代にアピールできる楽曲を収録。10月12日から24日まで、東京・大阪で自身初となるBillboard Liveにてライブを開催。12月5日、自身2度目となる東京ドーム公演「10th Anniversary KUMI KODA Tokyo Dome Live:FANTASIA」を開催。

2011年 〜デビュー11年目へ突入

2011年2月2日に49枚目のシングル「POP DIVA」を発売。それと同時に自身2冊目となる書籍『倖田歴』を発売した。2月23日には、「ETERNITY〜Love & Songs〜」の発売に合わせて行われたBillboard Liveの模様を収録したLIVE DVD「KODA KUMI “ETERNITY~Love & Songs~”at Billboard Live」を発売予定。3月2日には待望の9th ALBUM「Dejavu」をリリースし、オリコンチャート1位を獲得した。

2012年 「JAPONESQUE」発売と産休からの復帰

1月25日に10thアルバム『JAPONESQUE』を発売し、産休に入った。 2012年7月18日公式サイトにて第1子となる長男の出産を発表し、8月10日に5thリミックスアルバム「Beach Mix」を発売した。 10月24日には復帰シングルとなる「Go to the top」を発売、これに合わせて10月23日発売のファッション雑誌「ViVi」(講談社)に登場し、表紙を飾った。これが復帰後初のメディア露出であり、復帰後初の仕事であることを彼女は「ViVi」のインタビュー内で明かしている。

ディスコグラフィ

_____________________

シングル

発売日 タイトル
1st 2000年12月6日 TAKE BACK
2nd 2001年5月3日 Trust Your Love
3rd 2001年10月3日 COLOR OF SOUL
4th 2002年3月13日 So Into You
5th 2002年7月24日 love across the ocean
6th 2002年12月11日 m・a・z・e
7th 2003年3月5日 real Emotion/1000の言葉
8th 2003年8月27日 COME WITH ME
9th 2003年12月10日 Gentle Words
10th 2004年1月15日 Crazy 4 U
11th 2004年5月26日 LOVE & HONEY
12th 2004年7月28日 Chase
13th 2004年9月8日 奇跡
14th 2005年1月19日 hands
15th 2005年4月13日 Hot Stuff feat. KM-MARKIT – 3万枚限定生産
16th 2005年6月22日 Butterfly
17th 2005年8月10日 flower
18th 2005年9月7日 Promise/Star
19th 2005年12月7日 you
20th 2005年12月14日 Birthday Eve – 5万枚限定生産
21st 2005年12月21日 D.D.D. feat. SOULHEAD – 5万枚限定生産
22nd 2005年12月28日 Shake It Up – 5万枚限定生産
23rd 2006年1月4日 Lies – 5万枚限定生産
24th 2006年1月11日 feel – 5万枚限定生産
25th 2006年1月18日 Candy feat.Mr. Blistah – 5万枚限定生産
26th 2006年1月25日 No Regret
27th 2006年2月1日 今すぐ欲しい – 5万枚限定生産
28th 2006年2月8日 KAMEN feat.石井竜也 – 5万枚限定生産
29th 2006年2月15日 WIND – 5万枚限定生産
30th 2006年2月22日 Someday/Boys♥Girls
31st 2006年5月24日 恋のつぼみ
32nd 2006年7月26日 4 hot wave
33rd 2006年10月18日 夢のうた/ふたりで…
34th 2006年12月6日 Cherry Girl/運命
35th 2007年3月14日 BUT/愛証
36th 2007年6月27日 FREAKY
37th 2007年9月12日 愛のうた
38th 2007年11月7日 LAST ANGEL feat.東方神起
39th 2008年1月23日 anytime – 限定生産
40th 2008年6月11日 MOON
41st 2008年10月8日 TABOO
42nd 2008年12月24日 stay with me
43rd 2009年3月31日 It’s all Love! – 「倖田來未×misono」名義。
44th 2009年7月8日 3 SPLASH
45th 2009年9月16日 Alive/Physical thing
46th 2010年1月20日 Can We Go Back – 限定生産
47th 2010年7月7日 Gossip Candy
48th 2010年9月22日 好きで、好きで、好きで。/あなただけが
49th 2011年2月2日 POP DIVA – 限定生産
50th 2011年8月17日 4 TIMES
51st 2011年9月21日 愛を止めないで
52nd 2011年11月30日 Love Me Back
53rd 2012年10月24日 Go to the top
54th 2012年12月5日 恋しくて

アルバム

オリジナルアルバム

発売日 タイトル
1st 2002年3月27日 affection
2nd 2003年3月19日 grow into one
3rd 2004年2月18日 feel my mind
4th 2005年2月9日 secret
5th 2006年12月20日 Black Cherry
6th 2008年1月30日 Kingdom
7th 2009年1月28日 TRICK
8th 2010年2月3日 UNIVERSE
9th 2011年3月2日 Dejavu
10th 2012年1月25日 JAPONESQUE

ベストアルバム

発売日 タイトル
1st 2005年9月21日 BEST〜first things〜
2nd 2006年3月8日 BEST〜second session〜  
3rd 2010年2月3日 BEST〜third universe〜

企画アルバム

発売日 タイトル
1st 2007年3月14日 BEST 〜BOUNCE & LOVERS〜 – 期間限定生産
2nd 2009年3月25日 OUT WORKS & COLLABORATION BEST
3rd 2010年10月13日 ETERNITY〜Love & Songs〜

リミックスCD

1st 2009年3月25日 KODA KUMI DRIVING HIT’S
2nd 2010年3月31日 KODA KUMI DRIVING HIT’S 2
3rd 2011年5月4日 KODA KUMI DRIVING HIT’S 3
4th 2012年3月14日 KODA KUMI DRIVING HIT’S 4
5th 2012年8月1日 Beach Mix

ライブアルバム

発売日 タイトル
1st 2012年3月14日 KODA KUMI LIVE TOUR 2011 〜Dejavu〜 LIVE CD – ファンクラブ限定盤

映像作品  DVD-Video

発売日 タイトル 販売形態
2003年3月19日 7SPIRITS DVD
2004年3月24日 feel… DVD
2004年11月25日 girls〜Selfish〜※ DVDシングル仕様 DVD
2005年9月21日 secret 〜FIRST CLASS LIMITED LIVE〜 DVD
2006年9月13日 LIVE TOUR 2005 〜first things〜 deluxe edition DVD(2枚組)
2007年3月28日
2011年5月18日
KODA KUMI LIVE TOUR 2006-2007 〜second session〜 DVD(2枚組)
Blu-ray Disc
2008年3月31日 KODA KUMI LIVE TOUR 2007 〜Black Cherry〜 SPECIAL FINAL in TOKYO DOME DVD(2枚組)
2008年9月24日
2011年5月18日
KODA KUMI LIVE TOUR 2008 〜Kingdom〜 DVD(2枚組)
Blu-ray Disc
2009年10月21日 KODA KUMI LIVE TOUR 2009 〜TRICK〜 DVD(2枚組)
2010年3月10日 KODA KUMI 2009 TAIWAN LIVE ※ ファンクラブ限定盤 DVD
2010年10月6日 KODA KUMI LIVE TOUR 2010 〜UNIVERSE〜 DVD(2枚組)
Blu-ray Disc
2011年2月23日
2011年5月18日
KODA KUMI “ETERNITY〜Love & Songs〜”at Billboard Live DVD
Blu-ray Disc
2011年5月18日 KODA KUMI 10th Anniversary 〜FANTASIA〜 in TOKYO DOME DVD(2枚組)
Blu-ray Disc
2012年2月8日 KODA KUMI LIVE TOUR 2011 〜Dejavu〜 DVD(2枚組)
Blu-ray Disc

ダウンロード

  • Get It On(後に発売された『OUT WORKS & COLLABORATION BEST』に収録された。)
  • Venus(後に発売された7thアルバム『TRICK』の「CD+2DVD」形態の『初回TRICKプライス盤』内にボーナス・トラックとして収録された。)
  • Hey baby! 2010年8月6日~2011年1月28日までアニメクレヨンしんちゃんの主題歌として使用された。
  • Melting 2010年12月27日~2011年1月3日まで、そごう・西部冬市CMソングとしてオンエアされた。

参加作品

  • the meaning of peace(KODA KUMI & BoA)(2001年、作詞・作曲・編曲: 小室哲哉)
  • 99% Radio Show(オムニバス)(M-02「Be Mine」(99% Radio Allstars)M-08「Every-After-Party」(RATHER UNIQUE feat. 倖田來未)に参加のほか、既発曲2曲収録)(2003年)
    • (Be Mine feat. 99% Radio AllstarsはEXILEの3rdアルバム『EXILE ENTERTAINMENT』にも収録)
  • SWITCH feat. 倖田來未 & Heartsdales/I ONLY WANT TO BE WITH YOU(LISA)(2004年4月21日)
  • SOUL TREE〜a musical tribute to toshinobu kubota〜(M-11「夢 with You」久保田利伸のカヴァー)(2004年)
  • 80デイズ オリジナル・サウンドトラック(M-01「It’s a small World」(倖田來未 & Heartsdales))(2004年)
  • エピソード1(DJ YUTAKA、M-4「BELIEVE」(feat. 倖田來未))(2004年)
  • VIVID(KM-MARKIT、M-13「Rainy Day」(feat. 倖田來未))(CDエクストラRainy Day PV)(2005年)
  • Just Go feat. KODA KUMI(JHETT a.k.a.YAKKO for AQUARIUS)(2005年)
  • DAIS presents 573 original compilation KONAMI HANABI(オムニバス、M-03「Super Sonic」(倖田來未&今井大介))(2005年)
  • Lif-e-Motions(TRF、Disc2 M-10「JOY -meets Koda Kumi-」)(2006年)
  • Pray/XXX feat. 倖田來未(SOULHEAD)(2006年)
  • Pop Up! SMAP(SMAP、Disc2 M-05「Everybody」(香取慎吾ソロ曲))(2006年)
  • SPESHOW(羅志祥、M-06「Twinkle feat. KUMI KODA」)(2006年)
  • WON’T BE LONG(EXILE & 倖田來未)(2006年)
  • Simple & Lovely(m-flo loves 倖田來未)(2007年)
  • 恋のうた(M-02「愛のうた」)(2008年7月2日)
  • a(エー・ラヴ)(M-02「恋のつぼみ」)(2008年7月23日)
  • .LOVE(M-02「愛のうた」)(2008年10月29日)
  • 恋のうた2(M-04「anytime」)(2009年6月10日)
  • Free Wired(Far East Movement、M-12「Make It Bump feat. 倖田來未」)(2011年4月6日)
  • 10th Anniversary Best Album「LOVE&MESSAGE」(クレンチ&ブリスタ、M-03「Stands Up feat. 倖田來未」)(2011年7月20日)

書籍

  • 倖田來未写真集『Maroc』 (2006年7月25日)※撮影は写真家のレスリー・キーによるもの ISBN 978-4847029424
  • 倖田式 (2006年12月28日) ISBN 978-4838717569
  • KODA KUMI LIVE TOUR 2009 〜TRICK〜 裏 (2009年10月21日) ISBN 978-4847042072
  • KODA KUMI 10th Anniversary BEST LIVE DVD BOX (2010年7月17日) ISBN 978-4796678209
  • 倖田來未写真集『BRAZIL』(2010年12月6日) ISBN 978-4847043314
  • 倖田歴 (2011年2月2日) ISBN 978-4062167628
  • 倖田來未LIVE DVD SINGLES BEST青盤 (2011年8月2日) ISBN 978-4796684446
  • 倖田來未LIVE DVD SINGLES BEST赤盤 (2011年8月2日) ISBN 978-4796684460

受賞・記録

音楽賞

  • 日本有線大賞
    • 第37回 新人賞(受賞曲「LOVE & HONEY」、2004年)
    • 第39回 大賞(受賞曲「夢のうた」、2006年)
    • 第41回 有線音楽優秀賞(受賞曲「Moon Crying」、2008年)
    • 第42回 有線音楽優秀賞(受賞曲「Lick me♥」、2009年)
  • 日本レコード大賞
    • 第47回 大賞(受賞曲「Butterfly」、2005年)
    • 第48回 最優秀歌唱賞(2006年)
    • 第49回 金賞(受賞曲「愛のうた」、2007年)
    • 第50回 優秀作品賞(受賞曲「Moon Crying」、2008年)
    • 第51回 優秀作品賞(受賞曲「Lick me♥」、2009年)
  • 日本ゴールドディスク大賞
    • 第20回、第21回 邦楽部門アーティスト・オブ・ザ・イヤー(2006年、2007年)
  • MTV Video Music Awards Japan
    • 第5回 最優秀女性アーティストビデオ賞、最優秀ビデオ賞(受賞曲「Butterfly」、2006年)
    • 第6回 最優秀女性アーティストビデオ賞、最優秀ビデオ賞(受賞曲「夢のうた」、2007年)
    • 第7回 最優秀コラボレーションビデオ賞(受賞曲「LAST ANGEL feat.東方神起」、2008年)
  • SPACE SHOWER Music Video Awards
    • BEST COLLABORATION VIDEO(受賞曲「D.D.D. feat. SOULHEAD」、2006年)
  • ベストヒット歌謡祭
    • ポップスグランプリ(2006年、2007年)

その他の受賞

  • ベストジーニスト(2006 – 2010年)殿堂入り
  • ネイルクィーン「アーティスト部門賞」(2006 – 2008年)殿堂入り
  • 2006年DIMEトレンド大賞「話題の人物賞」
  • 2006ユーキャン新語・流行語大賞トップ10(エロかっこいい(エロかわいい))
  • 日本ジュエリーベストドレッサー賞2007「20代部門賞」

記録

  • 音楽DVD1位獲得週 歴代1位(secret 〜FIRST LIMITED LIVE〜)通算7週1位(オリコン)
  • 2006年、2007年CDトータルセールスアーティスト1位(オリコン)

出演

CM

本人出演のみ

  • ジェムケリー(2005年~2007年)
  • コカコーラ「ダイエットコカコーラ」(2006年)
  • 東芝携帯電話ソフトバンクモバイル
    • 「Vodafone 705T」「SoftBank 811T」(2006年)
    • 「SoftBank911T」「SoftBank815T」(2007年)
  • オリコカード Koda Kumi MasterCard編(2006年)
  • 森永製菓「ウィダー プロテインバー」(2006年~2008年)
  • SANKYO 「KODA KUMI FEVER LIVE IN HALL」(2007年、2009年)
  • 本田技研工業 「ゼスト・スポーツ」(2007年~2008年)
  • コーセーヴィセ (2007年~2008年)
  • P&G「Gillette Venus Body」(2007年~2008年)
  • キリンビール 「キリンチューハイ 氷結」(2007年)
  • au by KDDI 「LISMO」(2008年~2009年)-CM内で「Stay with me」のPVがO.A.
  • そごう・西武「そごう・西武・ロビンソン「冬市」テレビ」(2009年~2011年)
  • 第一興商
    • 「WANNA SING」 (2010年)
    • 「LIVE DAM LIVE」(2010年~2011年)
  • ペプシネックス(2010年)
  • セブンネットショッピング(2010年~2011年)
  • クラシエ「いち髪」(2010年~2011年)

テレビ

  • ブスの瞳に恋してる 第11話(2006年6月20日、関西テレビ) – タイアップによる特別出演
  • 美男ですね 第1話(2011年7月15日、TBSテレビ) – 本人 役

映画

  • キューティーハニー(2004年、ワーナー・ブラザーズ映画) – ディーバ役(カメオ出演)「The theme of Sister Jill」を歌唱
  • 西遊記(2007年、東宝映画) – 偽三蔵法師役

ラジオ

  • OH! MY RADIO(2008年10月8日 – 2009年9月、J-WAVE) – 2009年4月以降は隔週出演

ゲーム

  • ファイナルファンタジーX-2(2003年、スクウェア) – レン役(声優、モーションアクター)

パチンコ、パチスロ

  • パチンコ「KODA KUMI FEVER LIVE IN HALL」(2007年6月)
  • パチスロ「KODA KUMI PACHISLOT LIVE IN HALL」(2007年7月)
  • パチンコ「KODA KUMI FEVER LIVE IN HALL II」(2009年7月)
  • パチンコ「FEVER KODA KUMI Ⅲ ~Love Romance~」(2012年3月)

______________________________________________________
“倖田來未カレンダー2013 壁紙” “Koda Kumi Calendar 2013″
“KODA KUMI JAPONESQUE“ “Koda Kumi“ “倖田來未 Video”“koda kumi magazine scans”
“Kumi Koda” “japonesque koda kumi” “Koda kumi cover girl”“Japan Pop” “2013″ “Koda Kumi video”
“倖田來未 japonesque” “Japonesque CD Covers” “koda Kumi Love me Back” “J Pop”“koda Kumi 2012″
“Koda Kumi calendar 2012“ “Kumiko” “倖田來未” ”Koda Kumi” “Koda Kumi TV spot“
“Koda Kumi album download” “Japonesque” “Koda Kumi Songs” “ CD Covers” “Koda Kumi video”
“Koda Kumi discography” “JAPONESQUE” “video: Koda Kumi”“ Video:Koda Kumi Lollipop“
“KODA KUMI 10th Album JAPONESQUE” “Koda Kumi bios” “Koda kumi wallpaper”
______________________________________________________
“百花繚乱 倖田來未記念すべき待望の10th ALBUMが遂に発売”“ Video:Koda Kumi Lollipop“
“KODA KUMI 10th Album JAPONESQUE“ “Video: Koda Kumi Love me Back““ Japonesque“
“ Koda Kumi Ai Wo Tomenaide “ “Full Video“ “Video:Koda Kumi (feat. TEEDA) – Poppin’ love cocktail“
“倖田來未 love me back“ “Japonesque Poster“ “Japonesque wallpaper“ “wallpaper kalender 2013“
”倖田來未 / JAPONESQUE PVイメージ試写“ ”歌手の倖田來未” ”倖田來未 壁紙” ”倖田來未 japonesque 壁紙”
______________________________________________________
[japonesque 画像 ( Japonesque Photo )] – [iPhone 4 壁紙 (iPhone 4 Wallpaper)]
[ 倖田來未 壁紙 ( Koda Kumi Wallpaper )] – [(Chinese) 倖田來未 桌布 ]
[ Cover Girl Koda Kumi (倖田來未 カバーガール)] – [ iphone用壁紙 倖田來未 ]倖田來未 倖田來未,
[ 2013 calendar wallpaper ( カレンダー2013 壁紙 )] [ iphone4s 倖田來未 待受画面 ]
“倖田來未 待ち受け画像” “倖田來未 壁紙” “倖田來未待ち受け” “iphone5 壁紙 倖田來未”
______________________________________________________
[ 倖田來未 とパチンコ( Koda Kumi Pachinko )] [ 倖田來未 とパチンコ3] 倖田來未 iPhone 待受画像,
倖田來未 壁紙, 倖田來未 画像, 倖田來未の動画, 倖田來未 iPhoneカバー, 倖田來未 – 神田 來未子,
倖田來未 倖田來未, ”倖田來未 / New Song 「Whatchu Waitin’ On?」Beach Mix 2012 Album”
倖田來未 KODA KUMI – ETERNITY Love & Songs at Billboard Live | Full Concert
倖田來未 • SECRET • FIRST CLASS LIMITED LIVE
______________________________________________________

倖田來未動画